長南裕美の日記

<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2017.05.28 Sunday  教室作品展

今年も、もうこの季節。



6月1日から30日まで、我孫子竹山カフェギャラリーにて。
水曜日、第3木曜日定休。
10時〜17時。




2017.05.15 Monday  多忙な1週間

長い1週間が終わった。

ロシア民謡の1週間とは、だいぶ違う。笑

日曜日は、京成大久保講座で朝から夕方まで。
月曜日、家で仕事。
火曜日は、ららぽーと講座。
水曜日は、2ヶ月ぶりに絵付けの勉強に元住吉まで。
木曜日は、家で仕事。
金曜日は、自由が丘講座で、帰りの上野の美術館まで。
土曜日は、革工芸の勉強。

西へ東へ動き回った1週間。


上野の新洋画会を見ての感想は…
皆さんの絵が大きくて素晴らしくて重厚で。
私の絵は、少し異質だし小さくて見栄えしない。
私のような作風の人が居ないから、是非に!と誘われたからまあ納得ではあるが。
次に出すとしたら、小さくても見栄えするものを描かないと!とは、思った。
作風は、変えるつもりは無いけど。
それにしても、大きな作品ばかりで、何処で描くのだろう?そんな大きな家?
アトリエあるんだろうな〜?!
何処に飾るのだろう?保管は?
額縁も高そう!とか。
時間とお金がだいぶかかってそう。

実は、私は搬入も電車で自分で。
持って行ける大きさで、重さも持てるように、
額縁もアルミ製仮枠の安物だ〜!笑
搬入は皆さん、車か業者に頼んでの様子。
その辺りが違うのよね。
私は、いろんな意味余裕無いから。笑

まあ、それはそれとして。

水曜日の絵付けでは、墨とラスターを使った技法を習って来た。
まだ完成せず。
やはり、月一では中々。
家でも、最近は絵付けをやる気持ちの余裕無しで。

土曜日の革工芸では、ゴブラン織り生地と革を合わせたトートバッグを制作中。
前回、先生に全体的な作り方を相談したので、家で作業をしていった。
生地と革を縫い合わせ、底角にも革を付けた。
余りに厚くなってしまい、角を縫い込むのは、手縫いに。
持ち手も手作り、太めのコードを革で包んでミシンをかけて、縫い目横をカット。
カットした部分で、タッセルを付けた紐を作った。

裏も麻布で縫って付けた。

ここまで家で。


まず、持ち手がつく本体部分に芯地を接着。
持ち手を付ける為に、寸法を測り穴空け。
口を留めるのは、タッセル紐を利用する事にして、ボタン作り。
ボタンもいろんな作り方があるそうだ。
じゃあ、1番面倒な方法!と決めた。
だって、折角習うなら自分の知らない方法じゃないとね!
革二枚貼り合わせたモノを柔らかい革で包んで、
余分をカットして、穴を開け糸を通した革を、裏に貼り付ける。
と言うような具合。
持ち手をカシメでつけて、打ち具でかしめる。
のだが、打ち具が私の手持ちではダメで。
次回先生が持って来て下さるとのこと。
完成は、次回に先延ばし。
それでも、一応形になったので写真をパチリ!



シセリーメアリーバーカーのフラワフェアリーシリーズから、キャンディタフト。
背景の色違いを裏表に。
ちょっと少女趣味だけど。笑

さて、今週も講座もあり、絵の搬出も、お寺の施餓鬼法要もあり、といろいろだ。




2017.05.06 Saturday  ゴールデンウィーク

世間は、ゴールデンウィークのようだ。
私は、いつもと同じ暮らしだ。
講座もあったし、仕事もしてたし、
公募展の絵も描いて搬入したし。
で、その公募展は無事に二点とも入選した。
11日から、18日まで上野の東京都美術館て、新洋画会。




2017.04.18 Tuesday  4月

4月も半ばを過ぎてしまいました。
またまた久しぶりの日記です。

今年は、お彼岸を過ぎても寒い日が続いたせいか?桜も長く見られました。
区画内の桜も、昨日植木屋さんに剪定をお願いし、また来年の桜を楽しみに。

今年度は、37軒の区画の役員がもう回って来ました。
5年前にやったのにね〜。( ; ; )
そして、又会計になってしまいました。
まあ、それは前回もやったので大丈夫。
それに、前回より帳簿記入が簡単になってました。やったー!

先月役員が決まってから、日曜の総会までに役員会やり、総会の後も役員会やり、来週も又役員会。
年度始めは、いろいろ仕事が有るのでバタバタしそうです。
総会では、議長もやりました。
議題と違う方向に何度も行ってしまうので、その話はあとで!その問題はおいておいてとにかく決を!と何度言ったことか?!
しかし、それだけみんながいろいろ意見を言ってくれたということで、実りある総会であったと思いました。

しかーし、前期で決まった案件が実行されず殆どそのまま持ち越された事も判明。

私たちは、出来ることはなるべくやって、次に回そう!と役員一同で思ったのでした。
今年度、10年に一度の大仕事もあり、大変ではあるのだけれど、メンバーに恵まれたようで、ホッとしています。


と言うような事があり、通常の仕事にプラスだったので、又禿げが。笑
やっと前頭部のが治ったのに、又後頭部に!
円形脱毛とは、お別れ出来ない性分のようです。

月後半もまだまだ多忙な日が続きます。
考えないといけないこと、やらなければいけないこと、てんこ盛り。

しっかりやらねば〜ネバーギブアップ!




2017.03.23 Thursday  バラ模様のトートバッグ

三連休も、バタバタで終わった。
土曜日は、革工芸へ。
日曜日は、管理組合の役員会。
その後、革用の糸や針を買いに行き、買い物もして帰宅したのち、お墓参りにも。
月曜日は、月一の美容院と仕事。

さて、革工芸の進み具合を。
土曜日と昨日水曜日と、革工芸講座へ行きバラ模様のバッグの続きを。

先月、型紙を作り革を裁って、蓋に裏とマグネットを付けたところまで。

家で、脇を手縫いで縫い合わせて行き、 土曜日には、底を縫い合わせ蓋も本体に縫い付けた。

火曜日に、見返しにポケットを縫い付けた。
これは、薄い革をミシンでね。
久しぶりのミシンが、絶不調でイライラ。
時々やらないとダメだね。
ミシンかけるついでに、トートバッグ作った革の残りで、手帳カバーも作ってみた。


ミシンでじゃーっと縫うだけだから、簡単な筈のなんだけれどね。
内ポケット付けたら、ペン差し付けたりしたので、少し手間取ったかも。
ポケットつけたから、裏に薄い革を付けてある。


そして、昨日は…
持ち手をカシメで付けて、見返しを縫い付けている途中で時間切れ。

次作の相談に乗って頂き、帰宅。

夕食後、チクチクと手縫い作業。
無事に、縫い仕事を終えたあと、コバを塗る作業。

手帳カバーの方も、コバを縫った。
やはり、革を裁ったままだと白く見えて居たのが、一気に落ち着きホンモノっぽい仕上がりに。

微調整と言うか、寸法に遊びが必要な所があるのもわかった。
何事も、自分でやってみて初めてわかることが多い。
手仕事は、段取りが全てだわね〜。
あちこちいろいろ不満な出来ではあるけれど、それなりに嬉しい。?(?????)?
使えるものが、自分で作れるって最高〜! 無事完成〜!


写真写りが悪い!


どちらかと言うと、こっちのイメージ。
材料費は、革と持ち手、ポケット用の革、マグネットやカシメ金具など、全てで2000円以内。
まだ、革が残ってるので、何か小物を作ろう。




2017.03.15 Wednesday  まだまだ続くミニポーチ

しつこい位、自分が納得するまで作る私。笑



教える為には、きちんと完成形とする為に10個位は作らないと、納得出来ないのである。

これで一応完成!
6月7月のららぽーと講座の課題となる。
実際の大きさは、手のひらに乗るキャンディが2つ位入るサイズ。



3月も半ば、新学期から新しい生徒さんは増えるだろうか?
今年度は、新しく入られた方もいらしたけれど、辞められた方も多い。

高齢になられて、目と手が…とは、亡き母もよく言っていたし、自由が丘いらしたI さんもそう言われていた。
自分も、いつかはそう言う日が来る訳だから、1つでも多くの何かを?!と思ってしまうのかもしれない。

手術時の麻酔から覚めたら認知症に…これは、我が父もそうであった。
ぼうこう癌の手術を終えたら…だった。
多分、少しずつ進んでいたのかもしれないけれど、麻酔で一気にだったのかも。
S氏は、半年前までは講座に見えていたのに、今は奥様の事もわからなくなってしまわれたとか。

介護や孫の世話で…こう言う方も多い。
介護の場合は、逆に息抜きに講座に見える事も多い。
私の場合は、介護はしゅ孫がいないのは寂しいとも言えるが、負け惜しみではなく有難いとも言える。
現実、それどころじゃないから。笑

そうそう、自由が丘講座には、デザイン専門学校受験対策用に、アクリル画を習いに!と若いSさんがいらしていたが、無事合格して、3月いっぱいで辞める。

先日、お父様がお礼に見えて…

こんな素晴らしい篆刻印を二本頂戴した。

同世代で、大学も近くうちの女子大にもサークル活動でよくいらしていたらしい。
どこかで、すれ違っていたかもね〜!
私自身は、自分には画才が全く無いと思っていたのと、父も祖父も美術の先生だったから、教わる美術の先生は皆うちの父も祖父も知ってる人ばかり。
授業を真面目にやらなくても、悪い成績付かなかったから、あんまり真面目にやった覚えもないのだ。
そんな私が、今は絵を教えているなんてね〜!
結構笑える。
父と祖父の事を言うと、やっぱり血筋でしょうね?!と言われるけど。
祖父と言っても、父方ではなく母方。
父は、恩師の娘と結婚したわけだ。
だから、血筋と言えば母からの影響だろう。
手を動かす事の大事さを教えてくれたのは、母だから。


話が逸れたけれど、若い内にもっときちんと絵の勉強しておけば良かったと思う。
だからSちゃんには、どんなに大変な道でも、若い内にやりたい事やっておいた方が良い!と言った覚えが。
お父様に、私がそう言った話が伝わったようで、感謝された。


さて、若くは無いけれど、やりたい事はまだまだ山ほどある。
寝てる暇も惜しい。笑
何をそう生き急いでいるの?!なんて事も言われるけれど、明日は何があるかわからないしね。
明日出来る仕事は、明日するけれど、自分的にやりたい事は後回しにせずに、今日やろう!笑




2017.03.05 Sunday  ミニポーチ続き

課題見本用に…



レーヨンと麻の混紡糸で。
2色で、蓋と袋部分の色を入れ替えると全く違う雰囲気になる。
底は丸くて直径45ミリ、高さ5センチ幅7センチに。
蓋は、ドイリーを半分に折って縫い付けてある。

今日は、我が家の地区の役員会。
37軒のブロックに4人の役員。
来期の役員なのだ。
5年前にやったばかりなんだけど、まあ順番だからね。
前回は、会計だったけど今回は副理事長。
理事長の補佐。
たまたま全員4人共女性で、お一人は前回も一緒に役員やった方だし、もう一人は子どもの時から知ってる方だし。^ ^
外部に住んでるけど、親が地権者で賃貸にしている方が、監査として加わって下さるのだけど、同級生の男子。
昔、縄跳び一緒にして遊んだ事もある。
懐かしいね〜!

いろいろと懸案事項を引き継いだけれど、無事に1年が終わりますように!と思うばかり。




2017.03.03 Friday  ひな祭り〜!

早くも3月3日。
いやはや、時間の流れが速すぎて、年取るわけだ。笑

私の場合は、日々何かしら作っているので、作品が残っていくのでまだ良いのかも。
鶴の恩返しの鶴は羽だったけど、私の場合は若さと引き換え?!笑
一つモノが完成する度に、シワが増えてたり!そーんなわけあるかい!
と言いたいけど、ある意味正解かもね。
2月の講座も無事に終了。
最後のららぽーとの日は、準備も当日も大変だったけど、達成感は凄いよね。
故に、どっと老けましたですよ!笑



当日は、これを教えた。
でも、初心者もいるようだったので、途中がわかるように、毛糸の並太で制作。
それを入れる箱も、綺麗な方が良いよね?!
と言うことで、蓋と中にもデコパージュ!


この箱、浅草今半の牛肉の佃煮が入っていたもの。
四等分に仕切りがあるので、使い勝手がな〜?!と思っていたけど、丁度良かった!
綺麗なのは、やっぱり良いね〜!と、自己満足。
でも、自分が良いと思わないモノを人が良いと思うわけないしね。^ ^

で、当日用のアクセサリーは、これ!


当日編むオールドローズと色違いの銀ラメ糸入タイプのトリオ。


相変わらずの少女趣味路線。
もう死ぬまで、乙女ババアでいるわよ!
そして、もう6月用の課題の提出が迫っているので、試作品を。



こんなミニポーチ。
まだまだ改良せねば〜!




2017.02.21 Tuesday  可愛い小皿

今月の絵付けの勉強は、



こんなのを描いて来た。
この後、墨とラスターで模様をつける図案なのだが、それは要らないかな〜!

それは、別の作で試してみたい!なんてね。

描いた薔薇の部分をマスキングしないといけないのが、面倒なだけだったり。笑

それより、先生が描かれた可愛いお皿の新作に心惹かれた。。
ヴォーグのカタログに載っていた生地の模様で、私もコピーを頂いて来た。

昨夜、ローズマロン色でライン描きしてみた。


小さなお皿に描いたので、それはもう大変だった。

そして、革工芸のステッチの復習で…

回数券入れを作ってみた。


SuicaやPASMOの時代に、回数券?と思われる人も多いかと。

私自身も、そう思っていた時期もあった。 確かに切符は、切り上げだから電子マネーの方が安い。
でも、長距離や私鉄の昼間や休日の回数券は、絶対的に安い。

普通回数券は、10枚分で11枚、時差回数券は、土日と10時から16時まで使えて、10枚分で12枚。
174円区間は、切符180円、普通回数券162円、時差回数券150円なのだ。 毎日出かける訳でもなく、行く場所もあちこちの場所だし交通費のでない仕事の私には最適。
頻度の多い路線は、時差回数券と普通回数券の両方買って、使い分けている。
講座の日も、手作りお弁当と飲み物持参。
日々こう言う所で細かく節約。


なんて話を講座ですると、先生は絶対にボケないね〜!と言われるけど。

確かに、時間によって使うモノを変えたり、乗り換えでは必ず切符を先に入れるとかあるし。
Suicaなどで乗っていたら、いくらかかってるとか、全く考えてないと思う。 便利と引き換えに、考えると言う行為を忘れているのだわ。
電話だって、昔はよく使う番号は暗記してたけど、今は自分の携帯番号やメルアドも覚えてない人が多い。

まあ、そう言う所で節約していても、道具や材料を買う際には、あんまり金額考えてない時も。笑




2017.02.20 Monday  久しぶりの革工芸

久しぶりに革工芸の講座へ行って来た。
1週間、講座も用事も無いので。
と言っても、やる事は有るにはあるけれど、出掛けない日々が続く。
お家大好きの私としては、嬉しい時間。
金曜日の講座の時、翌日に革工芸講座があるのを確認。
帰りの車中から先生にメールして、参加の了解を取り付ける。

で、何をして来たか?と言えば…

三年前、父が亡くなったあとに法事やその他の手続きやいろいろで、外出が続いた。
そんなストレスマックス状態の時に、衝動買いした赤いショルダーバック。
赤い色に妙に惹かれたのだ。
赤は、元気の色だからか?

革で中々良かったのだが、難は蓋に裏打ちがなくペロンと安っぽ〜い感が。
それで、しばらく使って無かったのだが、これをなんとか出来ないか?と。

先生に相談し、黒い革で裏打ちする事に。
切り方貼り方、やはりいろいろ技法やコツがあるものだ。
独学も好きだけれど、基本的技術はきちんと学ぶに限る。

しかし、教えている編み物も風景画も、独学だけどね。笑






ビフォーを写し忘れたのでこれは完成形。
蓋の周囲にステッチもかけた。
今回、糸で縫う技術は初めて習った。
なるほどね〜!と思うことが多かった。
淡々と縫っていると、時間の経つのも忘れ、楽しくて仕方ない。

マグネット部分も1度取ってつけ直している。


母も生前革工芸をやっていたので、道具はいろいろある。
違うのは、母がやっていたのはレザークラフトと言うあれ!笑
周囲は、革紐で始末する事が多かったようだ。
彫刻部分の基本は習ったようだけれど、仕立てに関しては独学だったようだ。
ありがたい事に、私には身近に先生がいらっしゃる!
この際、いろんな技法を教わり、マスターしておきたいなと思う。


先生がドサッと丸めた皮を机の上に!
皆でなになに〜?と見てみれば、薔薇のレリーフと言うか模様のある革だ。
薔薇となれば、買わずには居られない。笑
次は、それを使ってトートバッグを作るのだ〜!

絵も好きだけれど、クラフトも好きなのだな〜!と実感する。

自分で使えるものが使える嬉しさが加わるからかな?!^ ^




/ 1 / 111 / >>

Profile

Category

Archives

admin