長南裕美の日記

<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2017.09.14 Thursday  9月

気が付けば、9月ももう半ば。
時間の流れが早すぎる!
と言うことは、自分もどんどん老けている訳で。笑

ブログを書かないイコール忙しいイコール元気。
元気に講座に行っていると言うこと。
まあ、肋骨折れても仕事休まなかった人だから…。笑
なので、しばらくぶりに会う人には、怪我してない?と聞かれる。笑
ちょっとした怪我は、日常のこと。( ̄∀ ̄)
ドジが服着て歩いてるようなモノなので。笑

タンスの角にぶつかるとか、アイスピックでグサリとかね。
まあ、どれも大した怪我では無い。
そうやって、時々痛みを自分に与えて生きているのかと。
いやいや、単なる粗忽者に違いない。

さて、この半月は講座と画材の買い出しと講座の準備で、時間が過ぎて行った。

絵も描いてるし、針も編み針も持ち続けている。





アクリル画、夏山と秋山。


久しぶりの鉛筆画、コンスタントに描いて無いと、どんどん下手くそになる。



水色の糸で、チョーカー。



作品になるかどうか??だけど、
何もしないでいられないので、あまり糸で小さなドイリー。
繋げるか?ビーズ刺繍の土台になるか?!


いつもと違うのは、叔母が亡くなり通夜へ仕事帰りに行った事。
私とは血は繋がって無いが、母の弟の奥さん。
最後に会ったのは、3年前の父の四十九日の法事の席。
病んでいる事さえ知らなかったので、ちょっといやだいぶショックで。
私といくつも違わないから、思い残す事も多いだろう。
一人暮らしになってしまう叔父の事も心配だ。

元気な者は、自分のやるべき事をしっかりやらねばね。
もうクリスマスの課題も考えないと。
恒例の11月2人展の作品作りもある。
まだ、コンセプトも決めて無いので焦らねば。
とか言いつつ、いつもの事だから、やる時はやるぜ!であまり切羽詰まってもいない。笑
これが、本当のマイペース!^_^





2017.08.30 Wednesday  8月も終わり

朝から頂き物( ??? )




外掃除をしていたら、お隣さんがごみ捨てに出て来た。
いつもすみません!葡萄貰って下さい!となった。
山梨の葡萄園の実家に行っていたそうで。
どちらも初耳の品種で大粒!
一回聞いただけでは、名前を覚えられなかった。笑

8月も今日明日で終わりだ。
平日の電車も昼間でも混んでいたのが、そろそろ解消されるだろう。
夏休みも終わりだしね。
月曜日に美容院へ行くと、貸し切り状態だった。
今日は、お客さん連れて来てくれなかったのね?と言われて…ん?!
いつもは、私が行くと買える頃にはお店がお客さんでいっぱいなんですと。^ ^
お客さんを呼び込んでくれる縁起の良い人って事になってるらしい。笑

まっ、この時期は私のパワーも効かないでしょ!
皆様、夏休みの宿題の手伝いで大変だもの。

担当の店長さんと、夏休みの宿題談義。
早く終わらせか?ギリギリになって焦るタイプだったか?皆さんはどちら?
私は、前者。息子たちも勿論前者。
店長さんは、後者だったそうで。笑
いまどきは、宿題をお金で請け負うサイトや出来た工作や読書感想文を売るサイトまで。
親が手伝うのは、構わないと思うけれど、お金で買うのはね〜!
それだったら、我が家は宿題はやらせません!とでも言えば良い。
それをしないのは、内申書に影響するからかな?
もはや、宿題など意味を成さない気がする。
特に何年たっても変わらない読書感想文とかね。
本を普段から読まない子どもたちにとっては、苦行でしか無いだろう。
出した感想文のフィードバックも無いしね。
だったら、好きに作文させる方が良いのに。
簡単な詩でも良いし、長編小説でも良いし。
私は、読書も作文も好きだったけどね。笑




2017.08.29 Tuesday  バッグに絵を描く



A4サイズが入るユニクロのトートバッグ。
仕事用に使っている。
ファブリックマーカー使用。
どんな服にも合うように、モノトーンで。



リボンにブルーを入れると、ちょっと華やかに。プレゼント用に。




2017.08.26 Saturday  Tシャツに絵を描く

昨日は、自由が丘講座。
そう言えば、この前シャツに絵を描く話が出たので…
出かける前の午前中に、慌てて見本を。
夏の初めに買ったシャツが、白いままだったのよ。笑

と、思ったらいつも使ってる色のペンが無い!
この前生徒さんに、使いかけでも良いからと言われ、譲ったんだった。



細い黒ペンとウォームグレーとライトグレーの三色で。
自分が着ようと思うと、いろんな色を入れられない私。笑

マーガレットは、ちょっと描くのには最適な図案。

ユニクロのトートバッグに描いたのもあるが、写真は又後日。




2017.08.23 Wednesday  針山 その後のその2

昨日のららぽーと講座。
午前の手芸講座で、昨日の針山の入った箱を見せると…
作りたいです!
と言う事で、5人が挑戦。

編んだ籠、厚紙、フェルト、中に入れる毛糸、お花のパーツ、葉っぱ用のフェルト で、ワンセット。

それぞれ可愛い針山が完成。

午後のアクリル画の講座の生徒さんたちの言葉。
女子力の高い針山!笑

女子力ねぇー!なるほど。
私的には、乙女力かな?!

実は、針山を作るきっかけは…
講座に持参するミニ裁縫箱に入れる可愛いのが欲しくて。



ナチュラルキッチンのアンティークアクセサリーボックスを改造。
ガラス面にレースのミニドイリーを貼りつけた。
底には、ドミット芯を入れて薔薇模様の布地で包んだ厚紙を入れた。
ドイツ錠を探して来て、付けた。前面と両サイドには、薔薇の絵を描いた。
中には、女子力の高い針山〜!笑

裕美ブランドのモノが、増えていく楽しさ。^ ^




2017.08.21 Monday  針山 その後

金曜日の講座に、針山持参。
こんなの作ってみたんだけど!
と、中身を告げずに、黒いチョコの箱を開けてもらう。
大抵の人が、わー!きゃー!なんですか?これ?!
可愛い〜!!^ - ^ となる。

私は、生徒さんさん達のそう言う顔が見たくて、日々新しい事を考えているんだけどね。笑

金曜日には、手芸の講座も受けている生徒さんが来るので、
ワンセットだけ、用意していった。
のだが…生徒さんさん達に見せる前に、スタッフのWさんが見て、作りたいです!
なんでも、バレエをやっているお嬢さんがトウシューズの補修の為に、いつも針刺し持参なんだとか。
お嬢さんの為に、作りたい?!と。
早々に作って頂いた。^ ^

フェルトはカット、中に入れる毛糸も丸め、籠も編んである至れり尽くせりのセット。
自画自賛だね。笑 手芸の生徒さんには、また次回に。

薔薇のパーツが無くなったので、土曜日に浅草橋まで行って来た。
のだが、欲しいサイズはもう廃番なんだとか。
仕方ないので、少し小さめと大きめを。
帰宅後、また少し増殖。笑

籠から編まないとならないので、そう簡単には出来ないのよ。



火曜日の手芸講座で、又みんなのワーキャーが聞けそうだ。( ̄▽ ̄)




2017.08.17 Thursday  増殖中

ミニ針刺し増殖中。


ササワシでバスケットを作る。
かぎ針で、編むのだ。
編めたバスケットの底に厚紙を接着する。
針山用のフェルトを丸く切る。
丁度良いサイズは、両面テープの内側の輪。笑
フエルトの周囲をぐし縫いして縫い縮める。
中に入れるウールの毛糸を丸める。
フェルトの中に入れて口を絞る。
バスケットの底とフェルトのお尻にボンドを付け、
バスケットと針山を縫い付ける。
葉をフェルトで切る。
5枚の葉は、大きさを違えて切るが中心はくっついている。
その葉を針山に縫い付ける。
バラのビーズをその上に縫い付ける。

バレンタインデーのチョコの箱に入れたら、本当にお菓子みたい。
1人でにんまりしてしまった。^_^




2017.08.16 Wednesday  ミニ針刺し

講座で外出時に使う小さめお裁縫箱に入れる小さな針刺しを作った。



この前帽子を編んだササワシの残り糸で籠を編んで、厚紙を入れてその上にフエルトの針山を接着剤と糸で留めた。
針山には、バラのビーズとフエルトを付けて可愛くした。
全部家にある物で作った。
=いろんなモノの在庫が有るってこと。笑
断捨離とは程遠い暮らしだ。( ̄▽ ̄)




2017.08.11 Friday  日本橋

昨日は、日本橋へ。
三井記念美術館で開催中の地獄絵ワンダーランドを見て来た。
水木しげる氏の原画もたくさん並んでいた。
水木氏の絵の後に見る古い時代の地獄絵の幾つかは、子どもの悪戯描きのように稚拙に感じてしまった。

悪い事をしたら地獄に堕ちる!
今の時代は、多くの人が地獄行きだね〜。
特に政治家は、舌を抜かれて刀葉山に登り釜茹でだろう。



混む前にと、美術館の前に早いランチ。
地獄絵のあとは、日本橋散策。
前日の灼熱地獄では無かったのが幸い。

金魚アートアクリウム開催中で、とっても混んでいた。
日本橋界隈は、金魚!金魚!


日本橋案内所のカフェで飲んだハーブティー。


ブルーの液体の方へ、ミニ金魚鉢の液体を入れると



ピンクに色が変わる。
ミニ金魚鉢の方には、ゼリーの金魚が入っていた。^ ^




2017.08.03 Thursday  扇子

生徒さんのご要望で、見本を描いた。

お盆に帰省する時に、お友達へのお土産にしたいと。

残念ながら、8月の大人の手芸講座での扇子を描く講座には、希望者ゼロだったそうで。

絵は、無理!と言う人も多い。

なに何事も挑戦する事に意義がある!
なーんてね。笑




/ 1 / 113 / >>

Profile

Category

Archives

admin