長南裕美の日記

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2018.03.28 Wednesday  オールドローズ

スラブ糸で編んだ薔薇の花。
現物は、もう少し色が濃い目。

ピンクのは、生成りのを染めてみた。
それも、アクリル絵具で。笑
アクリル絵具を溶かした液体にドボッと浸けて。
自分好みの色の花が作れる事が分かったので、
ひとまずこの実験は終了。^ - ^

やらなければいけない事が沢山有るのだけれど、
どこから手をつけるか?

その前に花見をして来よう。笑




2018.03.25 Sunday  春だから〜!

講座の新作見本。





安静にしている間も、何もせずにいられない私。笑
チクチク蝶を編んで、それにビーズ刺繍。
春だから、こんなのも良いかな?!
筋肉痛は、90パーセント治った。
まだ少しだけ違和感があるので、無理しないように。
と、思いつつも出かけた帰りにいろいろ買い物してしまう。
又来るのが大変だし面倒だから!なのだが。
そこは、ちょっと気をつけないと。

金曜日の自由が丘講座の帰りに買って来た糸で、オールドローズを編んでいる。
珍しく赤と緑の良い色の糸に出会えた。
良い素材に巡り合うと、良いアイデアに繋がる。
赤い糸で綺麗な薔薇が編めたので、続けて生成り色で。
薔薇に編んでから、染めてみようかと。
それは又別の日記で。




2018.02.26 Monday  赤いバッグ

金曜の自由が丘講座帰りに、新宿の東京ハンズに寄って来た。
今制作中の赤いバッグの内ポケットにする革を探しに。
次回の講座までに、ポケットを縫って、
見返しに縫い付けておかないと、先に進めない。
赤の豚スエードとロー引き赤糸買って来た。
行きも帰りもよく歩いて、8000歩。
このくらい毎日歩くと、丁度良いんだけどね。

そして夜は、ポケット作り。
いつもはミシンで縫ってしまうのだけれど。
ミシンのある二階へ行くのが寒くて嫌で、
手縫いしてしまった。
土曜日に、それを見返しに縫い付けた。
それを又バッグに縫い付けないと。
私にしては、とても時間がかかってる今作。
こう言うデザインにしたいので!
と、先生に相談しながら型紙の作り方を学び、
それを家で、型紙におこす。
ある程度出来た型紙を又先生に見て頂き細部を詰める。
出来た型紙を使って、家で革をカットして行く。
作る段取りを決めてから、革の鋤き作業で1日。
次の回に、革をゴム糊だ接着して菱目打ち穴空け。

と、外ポケットを先に付けるのを忘れて、
どっと落ち込んだりも。
そこも後付けで、なんとかクリア。
月2の講座通いで、最初の方は遅々として進まず。
縫う段階になれば、順番さえ間違えなければ大丈夫。
ひたすらチクチク手縫いだ!

見返しと持ち手は、講座でと思っていたけど、
結局最後まで縫ってしまった。^ ^


デザインから自分で考えたものだけれど、
ちょっと思惑とは違う仕上がりに。
まだまだなんだねー。

今回は、いろいろと学ぶ事の多い作品だった。
服でも靴でも、一つ買ったら一つ捨てることにしてるけど、
バッグも一つ捨てなくちゃね。

という気持ちで、眠っていたヴィトンも バラして、
毎日使う小物になったわけだ。
今度は、何を解体するか?!笑




2018.02.21 Wednesday  ヴィトンをリメイク その5

去年作って、アップを忘れていた作。


木のミニトランクにヴィトンの生地をはってみた。

サイドは、焦げ茶のスエード革。
中は…

講座の時に持って行くお裁縫箱。
焦げ茶系のバラの生地を貼って。

だいぶ前に買ってあったトールペイント用の素材だ。
持ち手や蝶番などを全部外して、後から又付けた。

布と違って、切りっぱなしが出来るのが革類の利点。
革工芸講座に通って1年になった。
順序、段取り、下準備、学ぶ事が多い。




2017.10.21 Saturday  ヴィトンをリメイク その4

先日の講座で、リメイク品を見た生徒のDさんが、
引っ越しに際して、古いヴィトンを捨てるというので、頂いた。
40年前の使い込まれたモノだった。
少々、痛みやカビやシミが有ったけれど、使える部分はそれなりに。

先ずは、パスポートケースとキーケースを作った。





中は、こんな感じで。
カード入れの部分に、いろいろ工夫が。


ただ、長期に渡り仕舞われて有ったのか?!ナフタリン臭が中々取れない。
電解水で拭いたり、アルコールで拭いたりしたのだけれど。(^-^;
無香空間を入れたビニール袋に入れると良い!と、北柏のスタッフWさんににアドバイスしてもらったので、試そう!
これで、リメイク作業はひとまず終えて、展覧会の準備に励む事に。




2017.08.21 Monday  針山 その後

金曜日の講座に、針山持参。
こんなの作ってみたんだけど!
と、中身を告げずに、黒いチョコの箱を開けてもらう。
大抵の人が、わー!きゃー!なんですか?これ?!
可愛い〜!!^ - ^ となる。

私は、生徒さんさん達のそう言う顔が見たくて、日々新しい事を考えているんだけどね。笑

金曜日には、手芸の講座も受けている生徒さんが来るので、
ワンセットだけ、用意していった。
のだが…生徒さんさん達に見せる前に、スタッフのWさんが見て、作りたいです!
なんでも、バレエをやっているお嬢さんがトウシューズの補修の為に、いつも針刺し持参なんだとか。
お嬢さんの為に、作りたい?!と。
早々に作って頂いた。^ ^

フェルトはカット、中に入れる毛糸も丸め、籠も編んである至れり尽くせりのセット。
自画自賛だね。笑 手芸の生徒さんには、また次回に。

薔薇のパーツが無くなったので、土曜日に浅草橋まで行って来た。
のだが、欲しいサイズはもう廃番なんだとか。
仕方ないので、少し小さめと大きめを。
帰宅後、また少し増殖。笑

籠から編まないとならないので、そう簡単には出来ないのよ。



火曜日の手芸講座で、又みんなのワーキャーが聞けそうだ。( ̄▽ ̄)




2017.08.17 Thursday  増殖中

ミニ針刺し増殖中。


ササワシでバスケットを作る。
かぎ針で、編むのだ。
編めたバスケットの底に厚紙を接着する。
針山用のフェルトを丸く切る。
丁度良いサイズは、両面テープの内側の輪。笑
フエルトの周囲をぐし縫いして縫い縮める。
中に入れるウールの毛糸を丸める。
フェルトの中に入れて口を絞る。
バスケットの底とフェルトのお尻にボンドを付け、
バスケットと針山を縫い付ける。
葉をフェルトで切る。
5枚の葉は、大きさを違えて切るが中心はくっついている。
その葉を針山に縫い付ける。
バラのビーズをその上に縫い付ける。

バレンタインデーのチョコの箱に入れたら、本当にお菓子みたい。
1人でにんまりしてしまった。^_^




2017.08.16 Wednesday  ミニ針刺し

講座で外出時に使う小さめお裁縫箱に入れる小さな針刺しを作った。



この前帽子を編んだササワシの残り糸で籠を編んで、厚紙を入れてその上にフエルトの針山を接着剤と糸で留めた。
針山には、バラのビーズとフエルトを付けて可愛くした。
全部家にある物で作った。
=いろんなモノの在庫が有るってこと。笑
断捨離とは程遠い暮らしだ。( ̄▽ ̄)




2017.08.01 Tuesday  帽子完成!

昨夜、完成!



プリムは、上げたり下げたりして被る予定。
全部上げずに部分的にとかね。
同じ糸でブレード作ってみたが、やはりアクセントに黒リボンをつけてみた。
今年の夏に間に合ってよかった〜〜!(^_^)




2017.07.31 Monday  帽子制作中!

新宿オカダヤのバーゲンの時に、素敵な手編み帽子が階段のショーウィンドウにいろいろ!


どれも夏糸を使ったオシャレなもの。
夏の帽子を編んだことは無かったのだけれど、それを見て編む気になってしまった。
たまには、高い糸を買うか?!笑

ササワシと言う糸を選んだ。
高度1000m以上の場所で育った熊笹から使った和紙の糸。
熊笹が持つ抗菌防臭UV機能があるそうだ。
夏の帽子に最適!!と、思って5玉買った。
で、そのあと中々手を付けられずで。
7月も終わりに近くなって慌てた。
今年の夏に被れるように作らねば〜〜!

ここ数日、寝食を忘れはしないけれど、熱中している。
洒落た模様編み?
いやいや、この糸の特性を活かすにはシンプルに!
細編みの増減だけよ〜ん。
しかし、こう言う芯があると言うか堅めの糸は、手が痛くなる。
あと5段くらいかな?!
リボンか紐も編んで、花も付けようかな?!
まあ、それは糸が余ったらの事。
完成まで、頑張るぞ〜〜!(^_^)




/ 1 / 11 / >>

Profile

Category

Archives

admin