長南裕美の日記

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2016.02.26 Friday  アンティークに魅せられて その2

三連作完成した。^_^



描き終えると、全部同じモデル?という仕上がりに。
いや、決してそうじゃない!
モデルは、全部違う筈。
なのに??なのだ。
よく生徒さんたちにも言うのだけれど、人物画は描いた人に似ると。
まあ、私はこんな美少女たちでは無いからね〜。笑
でも、私が描く子どもの絵はなんとなくいつも似た感じになるのは否めない。

枠周りもいろいろ変化つけたら?と、いろいろ試したら、それも中々面白い。

もうあと5枚位描いたら、自分なりに納得するかも。^_^


講座では、主にキャンバスボードのSMサイズを使う。
エスエムとは読まない。笑
サムホールサイズと言うモノだ。
私は、ホルベイン製を使っているが、年に一度位メーカー欠品となる事がある。
いつも10枚位は、在庫があるようにはしているのだが、時々買いに行ったら…欠品!と焦る事が。
先月もそんな風で、支店のもかき集めて10枚確保して貰ったのを受け取りに行ったら、棚にいっぱい並んでた!なんて事が。(^^;;

今回描いたこの3枚、何年か前に本当に困って苦肉の策として買った、布キャンバスと紙のボード。
真ん中が紙で、両脇が布貼りキャンバス。
まだ、布貼りのが戸棚の中に6枚。
内2枚は、風景画描くつもりで荒くベースが塗ってあるけど、4枚は白いまま。
これ、全部描いてしまおう。


え?!見本制作はどうした?って。
はい、地道にコツコツやってる。

教える為の絵は、考えないといけない事も多くて、楽しいだけでは描けないからね。

教える為じゃない、自分の為に描く絵も大切なのだわ。




2016.02.25 Thursday  アンティークに魅せられて



枠描いて、一部をピンクに。
こう言うのをパートカラーと言うそうな。
キムアンダーソン氏の子どもの写真がそうだね。

続けてもう一枚。



どうもアンティークハガキのモデルは、今風では無いから、もったり!と言うかすっきり感に欠けるね。笑

続けてもう一枚。まだ途中までだけど。



全て少女と猫がモデルのだ。

ベースをsandで塗って、softblackで陰影付けて、少しだけbargandy wineを差すこのやり方。
幾つか自分なりに満足がいくまで、続けて描いてみようかと思う。
色をウェットで入れるか?ドライで入れるか?それによっていろいろ違いが出るのが面白い。

だが、課題見本も沢山溜まってるから、明日からはまたそちらをやらねばね!




2016.02.24 Wednesday  まだまだ声は出ず

声が枯れたまま、昨日も講座をやって来た。
筆談80%でやって来た。(^^;;


さて、本日は人物画を1枚。
先週教えたけど、見本が間に合わずでごめんね。
アンティークのハガキを元に描いたもの。
ソフトブラック一色だけで。
周りに、アンティーク風の枠を描こうと思うけど、さて?!どんなのにするか?






2015.06.16 Tuesday  無茶振り

なんでも描く講座になってから、生徒さんの無茶振りご要望に応えるのが大変。笑

シンデレラ実写版の絵を描きたいとのご要望で。






2015.05.01 Friday  少女の絵

生徒さんのご要望で、キムアンダーソン氏の写真を参考に描いてみた。




こんな順序で描くのであーる。

来月は、教室展なんだけれど…
生徒さんは、次々完成させてるけど、私はまだ全然。
全く手をつけていない状態。(^^;;

どうすんだわたし!
でも、きっと直ぐ描くと思う。
ハガキを作らないとならないから。笑

まあ、そんなこんなで泥縄仕事が続く今日この頃。*\(^o^)/*




2015.01.01 Thursday  元旦

今年もよろしくお願いします。

あえて喪中ハガキは、出さなかった。
と言うか、もう何年も前から年賀状はやめているから。
その代わりの年末のカレンダー送付。
なので、年賀状も結構な枚数が。
父のところへも。数枚。(^^;;
去年父宛の年賀状には、全部亡くなった旨を書いて送ったからね。
表も裏もパソコンの人は、亡くなった人を消すのも忘れているのだろう。
また、亡くなりましたって、しつこく書くのもなんだから、放置しておこうと思う。

年越しで描いた絵が完成。

キムアンダーソン氏の写真から…


私が描くと、顔が外人じゃなくなったみたい。笑
息子の小さい時に似てるかも。^_^



人物画は、難しいけど子どもの絵は描いていて、やっぱり楽しい。
来年は、又人物画を描く時間も増やそう。^_^




2014.12.31 Wednesday  大晦日

お節もお雑煮の準備も終わったので、紅白を見ている。
息子は、夕飯食べたら友達と会うと又出かけた。
1人でのんびりの夜。
でもね、テレビだけ見るってのができない私。
本当に貧乏性と言うかね。
なので、絵を描いている。



同時に何種類かの事をする事を幼少の頃から母に叩き込まれたと言うか。
実家に遊びに来るときも、何かしら手仕事を持参だった。
それが、今の私の仕事には、とっても役に立っている。
絵の技術的説明をしながら、筆を動かすのは私にとっては当たり前のこと。
だがしかし、生徒さんでも話をしたら筆は動かせない人が殆ど。
ほらっ、手が止まってますよ!と注意しても、話をしながらは描けないんだそうだ。

だから、こっちの人に説明しながら絵を直していても、向こうの人が隣の人に
ここはどうするんだろう?なんて言葉も全部聞こえて、返事をするのでとても驚かれる。
7人の話までは無理だけれどね。
多分、聖徳太子もながら族の最たる人だったんじゃないかと。笑

ということで、来年の課題と言うか、生徒さんのご要望で教える事になっている
キムアンダーソンの少年の写真から絵を描いた。





ベースを白に黄色を混ぜて、少しだけ赤茶を入れたものを塗って・・・
あとは、こげ茶1色だけでここまで。

年越しで絵を描いている事になりそうだな。

まあ、これが私の生きる道・・・だから。(^^)

今年は、いろいろあり過ぎた。
1月 父の死とそれに続いての手続きにあちこちや弔問客の相手に追われる。
2月 大雪の翌日が、父の四十九日だったそれの準備やらで奔走。
3月 台所をリフォームするに当たっての、片づけを始める。
4月 台所リフォーム。散々な職人に当たってしまい予定より大幅に日程オーバー。
5月 外壁とフェンス工事。気がつけば翌月は教室展でその準備に追われる。
6月 教室展1ヵ月の長丁場。
7月、8月、9月は、あまり記憶が無い。笑
10月 11月のコラボ展の準備とカレンダー制作。
11月 コラボ展1ヵ月の長丁場。
12月 前半は個展。

まあ、これ以外に普段の講座とその課題制作は淡々とこなしていたわけで、
絵付けの勉強も5月までは余裕が無かったけれど、6月からまた通っていた。
通勤の車中では、読書に励み・・・今年もなんだかんだで100冊近く読んでいる。

50代最後の年は、本当にばたばたと過ぎてしまったようだ。

と言う事で、来年は少しのんびりと過ごしたいものだけれど、
多分、講座をやってる限りはずっと課題に追われる日々だと思う。

日記も愚痴が多かったような今年。来年は、ニコニコと過ごしたい。
そんな私を来年もどうぞよろしくお願いします。




2014.07.03 Thursday  子どもの絵

先月・・・生徒さんが、写真を持ってきた。



多分、キムアンダーソン氏のものかと思う。

『先生のホームページに載ってるあの感じで、さらっと描きたいんです。 』

そう言われて・・・あれか?!
十年以上前に描いたのが載せてあったなぁ〜と掘り返す。笑




この写真を・・・・



こんな感じに描いて、ゴミ箱にしたんだった。



どこにあるかは??? 
誰かの手元にあるんだろう。(^_^;)\('_') ォィォィ...

で、夕べさらっと描いてみた。明日の金曜日の講座にその方が来るんで。
相変わらず、泥縄だけど。(^^)

ベースを薄茶に塗り、こげ茶一色で描き、花だけ白にした。



さっき、その生徒さんに画像を送ったら・・・

きゃー、可愛い!と返事が返ってきた。笑
いやいや、もっと可愛くしないとね。
地味すぎだから、どこかに赤い色を入れようかな。
花とか女の子のセーターとかね。(^^)

と言うことで、赤を入れてみた。





2013.09.11 Wednesday  中原淳一氏の絵

火曜日もららぽーとの講座だった。
来週の火曜日も単発講座で、またららぽーと。
だがしかし、生徒さんの集まりが悪く、交通費も出ないから大赤字になりそうで。
なので、ハロウィンの絵に変更して、ビラを作り直してもらった。
一週間で、生徒さんが集まるとは思えないけれど、
定期クラスの人が三人来てくれるそうなので、
赤字にはならずに済みそう。
でも、その分下準備が大変になりそう。
2時間仕上がりの為には、私がベースを塗って置いたりと、いろいろ大変なのだ。
多ければそれは又それで、自分の首を絞める事になりそうで。
同時進行で、あちこちの講座で沢山の課題をやって居るので、頭の中がごーちゃごちゃ。
となると、仕事場の机の上も然り。笑



画像は、生徒さんのご要望で、中原淳一氏の絵の模写を描いてみた。
模写も勉強になるからね。
これは、秋バージョン。
四季のを描いて、飾りたいのだそうだ。

左が中原氏ので、右が私が描いたもの。
私より母世代が、夢中になったはず。
時代を経ても、やはり変わらずファンが居るようだ!
ハガキサイズのおフランス製のキャンバスに描いてみた。
男性の生徒さんが居るとダメだろうけど、
今は女子しか居ないから、先生!良いでしょ〜!
と、風景画のクラスなのに、余った時間は何でも有りになって来た。笑
北柏の方は、最初から何でもありで、講座の名前も、暮らしの中のアート&クラフトだったりする。

簡単そうに見えるこの絵も、多分生徒さんにはとても難しいかと。塗り絵なんだけどね。
細い線を筆で描くのは、とっても大変なのだわ。
皆さん、少し老眼入ってるし。^^;

私?まだ、裸眼で大丈夫!*\(^o^)/*




2012.11.01 Thursday  真珠の耳飾の・・

 模写希望の生徒さんがいらっしゃるので。。。
どう教えるべきかを私も描いて研究してみた。

写真に撮ると、悪い所が見えてくる。
カメラと言う別の目で見るからなのか?
要手直し。




/ 1 / 3 / >>

Profile

Category

Archives

admin